統合失調症の症状が強いと自殺願望が強くなる

症状が強くなると自殺願望が強くなる

病気が起こるにも、何かしらの原因が関係します。

 

統合失調症が発症する原因として、一つではなく、それぞれ発症する人により、異なると言われていますが、仕事関連の精神的な部分が大きな要因ともいわれています。

 

 

今までは普通に働いていたところで、環境の変化が大きな引き金になり、精神的にダメージを受け統合失調症になることも珍しくありません。

 

異動や転職など、環境が大きく変わると、それだけで心理的に緊張を強いられます。正常な方は、この状況を乗り越え、やる気や意欲を持ち、仕事に励むのですが、自分に合わない環境にいると、精神的にドンドン追い詰められてしまいます。

 

このようなことを過剰労働と言われます。
過剰労働になると、ストレスや疲労がたまり、精神的に大きな傷が増えてしまいます。これが統合失調症やうつ病の大きな原因になってしまうわけです。

 

何もよりも自分自身では気づかないことも多い。
そのために、精神的な傷を追いながらも、同じ環境にいつづけるために、症状がドンドンと悪化し、一気に爆発してしまいます。

 

 

最終的には「生きていても仕方がない」との思いから、自殺願望が強くなってしまいます。周りの人に相談をすればいいのですが、本当に自殺を考えている人は、周りに相談をしないと言われているために、周りの人が気遣うことが大切になります。

 

実際に、自殺願望の強い人の約9割は自殺のサインをほのめかすと言われているそうなので、普段と違う表情や行動、言葉に気づいたら、声をかけること。

 

 

ページトップへ