どれくらいのペースで服用が必要なのか

服用期間

統合失調症の薬の中で、リスパダールは改善効果を感じるのが早いとされています。しかし、患者の症状により、治療の期間はかなり違ってくるので、ある程度は長い目で服用を続けるのがベターかもしれません。

 

一般的に、3カ月が目安とされているそうです。
始めの一ヵ月は治療と言うということで、薬の問題をクリアする期間を決めて始める。

 

通常のリスパダールの使用用量として、成人は1回1mg1日2回から始め、徐々に増量する。ただし、1日量は12mgをこえないこと。

 

病院などでは、一か月ほど薬を試し、治療に専念してもらい、回復の様子を見る、この時点で調子が良くなっていれば、社会復帰について考えるそうです。

 

そして、残りの一ヵ月は、本格的な社会復帰を目指し、いわば慣らし運転を置こうなう時期歳、コミニケーションなどを取るとのことです。

 

あくまでもこれは一つの病院の手法で、それぞれ精神科や精神内科などでも違うそうです。

 

 

ページトップへ