統合失調症にリスパダールの効果

リスパダール効果

幻覚や幻聴など、統合失調症を感じた時や前触れの時にリスパダールを服用しています。

 

心の病気の一つ「統合失調症」は、欲精神面のまとまりを欠いた状態であるといわれます。障害として、一般的には思考と知識の根本的な独自な部分、および不適切な環状により、特徴づけられているそうです。

 

発症年齢はバラバラで、20代、30代、中年以降と言うケースも多いそうです。その中でも、思春期の20代の若い人が圧倒的に発症する率が他界とのこと。

 

統合失調症の症状として、幻覚や幻聴、妄想、させられ体験、感情の障害など、これらの症状全てがあらわれるわけではなく、それぞれ個人差があるそうです。私の場合は、幻聴で、全く知らない人から耳元でナニカを言われている感覚がありました。

 

この原因として、脳内の神経伝達であるドーパミンの量が過剰になることが一つの要因とされています。

 

そこで、統合失調症の治療薬であるリスパダールをします。つまり、リスパダールの効果としては、ドーパミンの量を抑制してくれます。

 

この構造としては、ドーパミン受容体を遮断することで、神経系側のドーパミンに作用し、機能が正常になるため、統合失調症を改善できるということになります。それから、統合失調症の原因の一つであるセロトニンにも効果があり、活動させることで「不安、うつ」などの症状を改善してくれます。

 

 

ページトップへ